カテゴリー別アーカイブ: 2010

hinan_tokyo

完全避難マニュアル 東京版

観客×都市。新たな出会いを生む演劇的アーキテクチャ

山手線29駅すべての周辺につくられた「避難所」で、東京という都市と参加者のあいだにさまざまな「出会い」が生まれる。プロジェクトのウェブサイトを訪れ、質問に答えると、山手線のいずれかの駅に近い訪問地が指定され、地図をダウンロードして訪問できる。そこは宗教施設、コレクティブハウス、シェアハウス、路上生活者の集まり、出会いカフェなど、さまざまなコミュニティだ。「東京の時計」としての山手線の周辺につくられた、「東京の時間」からの避難所の数々。一時的に「避難民」となった参加者は、都市との関係を新たに築き直す。「避難」という宙吊りになった空間と時間の中で生まれる避難所/避難民のネットワークが、新たな「トーキョー」の可能性を示した。

2014年秋には『完全避難マニュアル フランクフルト版』がドイツで制作される。

『完全避難マニュアル 東京版』特設サイト
『完全避難マニュアル 東京版』フェスティバル/トーキョー10

akai-kutsu-omote-100216

赤い靴クロニクル

「開かれた港」の歴史を辿る三人一組の旅

黄金町を舞台に横浜開港150年の歴史と現在を問い直すツアー・パフォーマンス。参加者は三人一組となり架空の「根岸ツアー」を体験する。根岸外国人墓地、米軍施設、根岸競馬場。戸数100戸足らずの半農半漁の寒村・横浜は、外国を受け入れることによりわずか150年で日本第二の巨大都市になった。『赤い靴クロニクル』でその歴史が辿られる場所は、黄金町のかつての「ちょんの間」。黄金町にいたセックスワーカーの存在と横浜の歴史が重なり合う。アジア系移民による「黄金町語学学院」を体験し、黄金町の歴史と風景を通り抜け、ランドマークタワーを見上げながら、参加者は横浜の発展の光と影を見つめる。

2008年の『ディクテ・フォーラム』からはじまった横浜への取り組みは、2010年の『赤い靴クロニクル』を経て、2014年の『横浜コミューン』(横浜トリエンナーレ)につながった。

『赤い靴クロニクル』