光のないⅡ

[:ja]

福島 − 東京。その距離を問い直すツアー・パフォーマンス

ノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクが福島の原発事故を扱った『光のないII』を、東京・新橋駅周辺でツアー・パフォーマンスとして上演。観客は12枚のポストカードとラジオを手に新橋駅前のニュー新橋ビルを出発する。ポストカードの表面には福島の避難区域で撮影された報道写真がプリントされ、裏面には次に訪問すべき場所までの地図とナビゲーションが書かれている。ナビゲーションに従って訪問地(空きオフィス、東電本社前の広場、空き地、空き部屋、廃墟、ビルの屋上・・)を訪ねると、報道写真のイメージが三次元で再現されている。場所ごとに指定された周波数にラジオをチューニングすると『光のないⅡ』の朗読が聞こえてくる。いわき総合高校演劇部の女子生徒たちが淡々と朗読する、いかにも新橋に不似合いな声を聞きながら、参加者は「ツーリスト/フォトジャーナリスト」となってポストカードの福島と東京に仮設された福島を見比べることになる。奇妙にずれた12箇所の「福島/東京」を繰り返し訪ねることで、福島と東京の距離をかき乱し、その距離を捉え直すツアーであった。

出発地点のニュー新橋ビルは福島第一原子力発電所と同じ1971年に開業した。東京電力本社をはじめ、日本の原子力政策史に重要な役割を果たしてきた新橋駅周辺で上演された『光のないII』は、2013年には「ウィーン芸術週間」でウィーン版が制作・上演された。ウィーン版では、建設後に国民投票で稼働が阻止された「世界一安全な原発」ツヴェンテンドルフ原発の見学ツアーも開催された。

『光のないⅡ』フェスティバル/トーキョー12

[:en]IMG_1154IMG_1154

IMG_1269

IMG_1279

IMG_1415small

IMG_2073small

IMG_9844

IMG_9873small

IMG_9916small

In September 2011 Elfriede Jelinek published her response to 3.11 on her website, the play text “Kein Licht.” Then on March 12, 2012 she published a follow-up text, “Kein Licht II”, branding a large question mark on the Fukushima situation, already being concluded and forgotten. In the text are scattered the words of “Antigone”, the classical Sophocles play with a heroine who sided with the dead, and who never stopped speaking against authority and power.

F/T commissioned Port B’s Akira Takayama to stage Jelinek’s text and for this he will compose a fictional “Fukushima tour” using the urban space of Tokyo to stand in for Fukushima. Participants will experience Jelinek’s words, while over the familiar Tokyo landscape they superimpose the representations of Fukushima impressed on them by media images. This is the first time in the world a Jelinek text has been staged in a tour performance like this, and it will form an attempt to re-grasp the actual relationship between Fukushima and Tokyo.

Audiences will tour around Shimbashi listening to Jelinek’s text read by school students from Fukushma, tuning radios to specific frequencies at each location in the city. They travel without guides, as sightseers to both the Tokyo and Fukushima landscapes, holding tourist postcards with maps in a world of haunting voices and ambiguous urban spectacle.

[:]